片付けは誰かって面白く効率的に!

私は大掃除をするときはたえず仲の良い友人に手伝ってもらうようにしています。というのも、自ら大掃除をしようとしても途中で思い出に浸ったりしてかなりはかどらず、掃除が終わっても結局は全然元の状態と変わらないということが多いからです。そのため、私は友人を呼んでおしゃべりをしながらも手を動かして面白く効率的に掃除をするようにしています。誰かというやることで、つい思い出に浸ってしまうことがあっても渇を入れてもらえ、すぐに掃除を再開できます。また、ショップの袋や貰い物や洋服などのなかなか捨てられないものも友人の公平な立場から処分するべきか判断していただける。少し強引な友人であればグングン処分されていき、ごっそり無駄なものを減らすことが出来ます。元カレにもらった思い出の品など未練のあるものもすべて処分してもらえる。また、ものを収納する場所も結局は元の場所に整理して戻しがちですが、友人のアイディアでとってもの移設させたり、部屋のレイアウトも変わり、新鮮なものとなるかもしれません。心掛けなくてはならないのは、思わぬところから見られたくないものなどが出てきてしまったりすることがあるので先に自分が確認して作業をしたり、そのようなものが見られても気にしないくらいの友人にお願いしなくてはなりません。それさえ気を付けていれば、友人に手伝ってもらえば、自分から引き続き掃除ははかどります。ラクトプランL-137の効果と副作用